高知県木材情報センター

トップページ
>
土佐材流通促進協議会
>
土佐材の特徴

土佐材の特徴

土佐ヒノキ

 高知はヒノキの産地として有名です。「土佐ヒノキ」「幡多ヒノキ」「四万十ヒノキ」など古くから呼ばれています。材の芯の鮮やかな赤みと強い香りが特徴で、油脂分を多く含んでいるため、年月を経るごとに光沢が増し、耐久性も高いのが特徴です。

 こういった特徴が評価され、京都の西本願寺の修復や新国立劇場の舞台の床材にも使用されています。

 

土佐スギ

 全国的にも有名な「魚梁瀬スギ」や、心材部の色が淡いピンク色で美しい「嶺北スギ」など、高知県内各地にスギの産地があります。

 真っ直ぐで色目が良く、主に構造材に適していて、古くは京都二条城や江戸城の築城にも用いられたと言われています。板目でも柾目でも美しい目合いが見られるのも特徴です。