高知県木材情報センター

トップページ
>
協会について

協会について

 ご挨拶

  高知県は県土に占める森林の割合が84%あります。

この割合は全国都道府県の中で一番高い数値となっています。

また、人工林(人の手によって植林された森林)の割合も65%あ

り、この数値も全国第2位です。従いまして木材に関しましては資源量がたいへん豊かであり、また、良質な杉・桧の産地として知られています。

 高知県木材協会は高知県内の素材生産から製材・流通にかけて幅広い団体・企業が結集し、一丸となっと森林資源の活用に取り組む団体です。

 また、高知県からの支援を受け地産外商活動に取り組む土佐材流通促

進協議会の事務局や木育・木製品の普及を目的とした高知県木材普及推

進協会・高知県林業活性化推進協議会・高知県木製品工業連合協同組合

などの事務局も担って日々忙しく働いております。 

 活動の詳細につきましては2か月ごとに発行される協会だよりに載せておりますので是非ご覧ください

                      一般社団法人高知県木材協会 会長 小川 康夫