高知県木材情報センター

トップページ
>
JAS制度の紹介

JAS制度の紹介

 

 JAS制度は「農林物資の企画化等に関する法律(JAS法)(昭和25年法律第175号)」に基づいて、農林水産大臣が制定した日本農林規格(JAS規格)による検査に合格した製品にJASマークを付けることを認めるものです。この制度により、製材などの農林物資の品質の改善、生産の合理化、取引の単純公正化などが図られることが期待されます。

  高知県内の木材製品のJASは全国木材検査・研究協会(JLIRA)によって認定されています。

 ■ JAS法について(農林水産省のホームページ)

 

 ■ 全国木材検査・研究協会のホームページへ